客先常駐を辞めたい…。客先常駐から転職するための全知識【迷った時の道しるべ】

客先常駐を辞めたい...。客先常駐から転職するための全知識
  • 客先常駐が辛い…。客先常駐を辞めたいんだけど、辞めても大丈夫なのかな。辞め方や、転職活動をどうやって進めればいいかも全くわからない…。どうしよう。

 

本記事では、上記のような悩みに答えていきます。

 

結論、客先常駐が辛くて辞めたいなら、無理せず辞めて大丈夫です。本記事で紹介しますが、道はいくらでもあります。

 

これを書いている僕は現在フリーのエンジニア。元々は営業だったのですが、20代後半で営業からエンジニアに転職しました。僕がエンジニアとして転職した会社は、規模は大きくないながらも、複数のグループ会社を持っていました。僕はその内、Web系の事業会社で、「自社オフィス勤務」で開発をしていましたが、別のグループ会社には、「客先常駐メインのSES会社」がありました。

 

また、グループ全体でも大きな会社ではなかったので、僕自身は頻繁に「採用面接」にも駆り出されていたんですよね。そのため、SESとして働くエンジニアも身近に多くいたり、実際に採用面接もしてきたので、世の中のIT企業の実態については、割と広く・深く見てきた方だと思います。

 

そんな背景を持つ僕が、本記事では「客先常駐を辞めたい方」向けに、実際に僕が見てきた現場の事実も含め、紹介をしていきますね。

 

SEが客先常駐を辞めたいと思う理由【転職理由】

僕が見てきた中では、客先常駐を辞めたいと思う理由は、概ね以下の通りでした。

 

派遣先が選べないから

まず、派遣先が選べないことが一番の大元ですね。

 

  • 労働環境が劣悪だった
  • 自分の希望する案件に携われなかった
  • 炎上案件にアサインされた
  • 飲み会ばかりの会社で、プライベートがなかった

 

など、どれも派遣先が選べないから、起きてしまう問題です。

 

自社オフィス勤務であれば、事前に情報を仕入れれば、労働環境や職場環境もわかりますよね。一方客先常駐の場合、どこの派遣先になるかは事前にわからないですし、正直「運」ですので、自分でコントロールできるものでもありません。

 

良くない環境に派遣されてしまうと、ストレス漬けの日々になり、最悪、うつ病の症状になることもあります。このようなことが理由で、SEの客先常駐を辞めたい人は、実際に一定数いました。

 

客先常駐(SES)の仕組みを知らずに業界に入ってしまったから

中には、そもそも客先常駐の仕組みを知らずに、業界に入ってしまった若手エンジニアもいます。

 

SESの仕組み

SESの仕組み

 

ご存知の通り、SESの仕組みは上記の通りです。ただ、SESの求人の場合、このようにはっきりと図解していることはなく、「ベンチャー企業」「風通しの良い社風」など、良い言葉を並び立てて、華やかな印象を持たせるものも多いんですよね。

 

そういった求人を見て、業界のことをあまり調べもせずに就職し、蓋を開けてみたら働く場所は客先、加えて労働環境が劣悪だった、というパターンも、残念ながら一定数存在します。

 

もちろん、客先常駐の中でも、素晴らしい派遣先の企業はあります。ですから、「客先常駐=悪」というのは、はっきりいって間違いです。事実、客先常駐で楽しく働いている人も、僕はたくさん知っています。

 

そう考えると、客先常駐の一番のデメリットは、やはり「派遣先を選べないこと」ですね。運がよければ、良い派遣先に駐在し、楽しく働けます。でも、運がなければ、良くない派遣先に駐在して苦労します。

 

まあこの「自分でコントロールできない問題」は、大きなくくりでみれば、サラリーマンも同じなのですが。もしそれが嫌なら、フリーランスになればいいだけです。僕も自分でコントロールできる範囲を増やしたいから、フリーランスになっていますし。

 

【最高】フリーランスエンジニアが週2、週3で働いてみたリアルな感想

 

以上が、客先常駐を辞めたい主な理由なのですが、まあ入ってしまった以上、仕方ありません。

 

大事なことは「ここからどうするか」、ということですので、「具体的に取るべき行動」をお話ししていきますね。

 

客先常駐を辞めたいエンジニアが取るべき行動【3つある】

3つあります。それぞれ挙げていきますね。

 

1. なんで客先常駐を辞めたいと思うのか。その理由を考える

上記の通りで、「やめたい理由」を考えることが、最初にやるべきことです。というのも、「必ずしも客先常駐を辞めることが、悩みの解決になるのか」、それを特定するためです。

 

例えば、「客先常駐自体が嫌なのではなく、自分の希望する案件の現場にいければいい」という感じであれば、会社に常駐先を変えてもらえないか、打診をする選択肢もありますよね。

 

なので、

 

  1. 本当に、客先常駐の働き方自体をリセットするべきなのか?
  2. それとも、客先常駐の働き方自体は変えなくても済む問題なのか

 

大きくこの2つどちらに当てはまるかを考える必要があります。

 

2. 常駐先を変えてもらえないか、会社に打診してみる

前述通り、今の派遣先に問題があり、別の派遣先であれば問題ないのであれば、所属先企業に対して「常駐先を変えてもらえないか」打診をすることが、最初にやるべきことです。

 

これで解決するなら、一番労力もかからないですし、良いですよね。実際この方法で派遣先を変えてもらった知人もいます。

 

ですから、試してみる価値はアリです。

 

3. 転職活動する

とはいえ、派遣先を変えてもらえなかったり、そもそも客先常駐の働き方自体にウンザリしている方もいるはず。その場合は、「転職活動」をする必要があります。

 

いま、IT業界は売り手市場なので、転職はかなりしやすいです。そういう意味で、いまより良い条件の会社に入ることは決して難しくないです。なので、転職するなら絶好のタイミングですね。

 

具体的な転職方法については、転職先ごとに記事後半で解説しますね。

 

客先常駐の辞め方で気をつけるべきこと【転職・退職のタイミングや伝え方】

こちらもそれぞれ挙げていきます。

 

転職先を決めてから退職すること【タイミング】

これはすごく大事です。というのも、「条件の良い会社に転職できるかどうか」、その保証はないからです。

 

例えば、僕がこれまで見てきた中では、転職先が決まっていない段階で、仕事を辞めてしまう方が一定数いました。ですが、彼ら彼女らは、その後に苦労していることが多かったですね。。

 

本来、普通に面接を受ければ受かるような人でも、仕事を辞めてしまっている以上、「早く決めないと・・」という焦りが生まれるものです。その焦りのせいで、面接を力んでしまったりしていて、なかなか次の転職先が決まらなかった、という人は多く見ました。

 

だからこそ、上記のような不安を経験したくないなら、客先常駐として働いている期間の中で、次の転職先頑張って見つける必要がありますね。

 

事実、転職活動は短期集中でやれば1〜2ヶ月でもできますから。これはもう踏ん張ってでもやるしかないです。

 

内定を取った上で、辞める意思をはっきる伝えること【伝え方】

客先常駐には「契約期間」があります。そのため、契約期間の途中だったりすると、引き止めに合うことがよくあるんですよね。

 

一番良いのは、転職先の内定を勝ち取った上で、所属企業に辞めることをはっきりと伝えることです。その上で、温厚に辞めたいなら、内定先企業に、派遣先の契約期間が終わるまで、入社を待ってもらうようにお願いしてみることです。

 

ただ、中には待ってくれない企業もあると思います。その場合は、「あなた自身の幸せ」を軸に、転職してしまって良いと僕は思いますよ。

 

そもそも会社は「退職リスク」も考慮し、組織運営をする必要があります。なので本来、あなたが抜けるということで、仕事が成り立たないというのは、あなたのせいじゃなく、会社の責任なんですよね。

 

客先常駐を辞めた後は?転職できる先と転職方法

辞めたあとどうするか?この選択肢もたくさんあるので、こちらもいくつか挙げていきますね。

 

1. 自社開発エンジニアや社内SEへ転職する

一つ目はコレです。自社オフィスに勤務し、自社サービス開発を行う「自社開発エンジニア」や、社内インフラ全般を請け負う「社内SE」などになる道です。

 

メリットとしては、「労働環境が改善しやすいこと」「職場環境を自分でコントロールしやすいこと」などがあります。

 

クライアントワークが中心の客先常駐と比較し、自社開発エンジニアや社内SEであれば、シビアな納期もないことが多く、根本的に残業も少なめです。また、働く場所がわかっているので、事前にちゃんと調べれば、どんな職場かもある程度想像できます。

 

客先常駐の悩みをうまく解消できる道の一つであり、多くの客先常駐SEが選んでいる道です。そのため、まず検討してみると良いですね。

 

転職方法

結論、IT業界に強い転職エージェントを利用すればOKです。

 

個人的に使って一番良かった、かつ周囲のエンジニアから評判が良いのは、レバテックキャリアという転職エージェントです。レバテックキャリアはIT/Web業界に特化した転職エージェントでして、エンジニアの転職の成功実績を多数持っています。

 

あらゆる業界に対応している総合型のエージェント「リクルートエージェント」などと比較すると、求人数はそこまで多くないです。ですが、IT業界の現場にも精通した、エンジニア出身のコンサルタントも多く存在するので、自分の境遇を理解してくれた上で、自分に合った求人を紹介してくれるのが、レバテックキャリアです。

 

相談や求人紹介を受けるためには「会員登録」をする必要があります。転職をまだ決めていない段階でも、登録・利用可能です。しかも、転職エージェントの場合、採用企業側からお金を取っているので、利用者である僕らは「無料」で全サービスを使えます。なので、使い倒さないともったいないです。まずはレバテックキャリアに無料相談してみると、先の見えない未来にも、「光」が見えてきますよ。

 

2. Web系企業へ転職する

こちらもおすすめな方法です。Yahoo、サイバーエージェント、クックパッドなど、Web系企業へ転職する方法です。

 

転職方法

結論、Web系に強い転職エージェントを利用することです。前述したレバテックキャリアです。前述したレバテックキャリアであれば、Web転職にも強いので、こちらで相談してみましょう。

 

なお、Web系企業に入るなら、Webプログラミングは学んでおく必要があります。

 

じゃあどうやって学べばいいかというと、具体的なステップは未経験からWebエンジニアに転職成功するための3ステップ【実体験をもとに解説】で誰でも再現できる形でまとめています。この方法でやれば、今から数ヶ月後にはWebエンジニアとして転職が可能です。

 

未経験からWebエンジニアに転職成功するための3ステップ【実体験をもとに解説】

 

とにかく最短でWebプログラミングを習得したいなら、一番てっとり早いのは、「プログラミングスクール」を利用することです。エンジニアが本気で選んだ”おすすめのプログラミングスクール5社”【比較】で紹介しているスクールを使えば、最短1ヶ月でもスキル習得ができます。

 

現役フリーランスエンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

3. 異業種・異職種へ転職する

全く違う業種・職種へ転職することも、多くのSEが選んでいる道です。マーケティング、事務、または全然違う仕事など、道は様々です。

 

この場合、成否は年齢が関わってきます。概ね以下のように、転職の難易度は変わります。

 

  • 20代前半:全く業種や職種でも転職しやすい
  • 20代後半:少し転職しづらくなってきてはいるが、まだ異業種・異職種転職しやすい
  • 30代以上:難しくなっているが、待遇や条件を下げれば転職は可能
  • 40代以上:かなり苦戦する。

 

上記の通りです。

 

ただ、30代になっても良い条件の会社に潜り込んでいる人はいますし、40代で転職している方もいます。以前と比較するとかなり転職はしやすい時代になっていますから、勇気を出して、自分の可能性を知りにいくと良いですね。

 

転職方法

この場合は、レバテックキャリアのようなIT/Web特化型のエージェントではなく、総合型の転職エージェントがおすすめです。最初に相談するなら、業界最大手のリクルートエージェントが良いです。

 

リクルートエージェントはあらゆる業界・あらゆる職種・あらゆる年代の方の採用を成功させているので、幅広いデータベースから、あなたに合った転職先を提示してくれます。

 

相談することで、今まで自分では知らなかったような、これまでの経験を活かし、かつ現状を変えられる転職先も提示してくれるでしょう。リクルートエージェントも利用・相談は無料なので、まずは登録を済ませておきましょう。

 

4. フリーランスとして独立する選択もある

上記の通りで、転職するだけでなく、フリーランスエンジニアとして独立する選択肢もあります。僕はこの道を選びました。

 

フリーランスであれば、自分で案件を選ぶことができます。全部自分でコントロールできるので、「他人に自分の人生を左右されたくない」、そんな気持ちがあるなら、個人的には「独立」が最もおすすめですね。

 

それに、最近のフリーランスエンジニアはとにかく稼げますからね。

 

 

例えば上記は、フリーランスエンジニアの契約単価/月を表したデータです。これを見ると、

 

  • 約70%の人:月収60万円以上(年収換算720万円以上)
  • 約97%の人:月収40万円以上(年収換算480万円以上)

 

となっています。今の給料より、多いんじゃないでしょうか?

 

独立する方法

最近はフリーランスエンジニアの代わりに、仕事を企業から取ってきて紹介してくれる「フリーランス専門エージェント」が増えてきています。こういったエージェントを利用すれば、コネが一切ない方でも、仕事を請けることができるんですよね。

 

参考までに僕も以下のエージェントを利用していますが、営業をする必要なく、月収60万円以上の仕事を簡単に請けられるので、控えめに言っても最高です。

 

【最新】現役フリーランスエンジニアおすすめの最強エージェント5社

 

ちなみに、良く「フリーランスはサラリーマンの倍稼がないといけない」と言われていますが、結論、あれは誤りです。フリーランスになれば「経費」が使えるので、合法的に税金を減らし、サラリーマンより豊かな生活は送りやすいです。

 

だからこそ、すぐには気持ち的に無理でも、一度転職をしてから、数年以内に「独立」というのは、目指しても全然良いんじゃないでしょうか。

 

【未来の話】客先常駐を辞めた人たちはどうなったか?【実例】

僕の周囲で客先常駐のSEを辞め、転職をしていった方がどうなったか、事例もご紹介します。

 

客先常駐を辞め、自社開発エンジニアになった友人の話

僕の友人に、客先常駐を辞めて、ユーザー企業の自社開発エンジニアになった人がいます。元々は、客先常駐として、厳しい労働環境の中、毎日遅くまで仕事をしていました。ここだけの話、パワハラまがいのこともあったようです…。

 

そんな彼ですが、ユーザー企業の自社開発エンジニアになったことで、働き方が改善されていました。会社として残業を良しとしない文化のため、遅くとも19時には退社し、プライベートの時間を確保することができていました。

 

また、自社開発なので、自分の希望する案件にも参画できているようです。客先常駐の時は、自分が希望していない案件にアサインされたりと、なかなか技術を伸ばす機会も作れていませんでした。

 

現在はプライベートが充実し、スキルアップも実現できる環境で、この前会った時は、以前と比較しても表情がだいぶ良くなっていました。大きな変化ですよね。このように、転職を機に人生を好転させたエンジニアは、世の中には無数にいますよ。

 

あなたの世界は、あなたの今いる場所だけではありません。世の中には、あなたがもっと自分らしく働ける場所はありますから。だからこそ、その環境を探す努力だけは、決して惜しまないことが必要ですね。

 

まとめ

最後に、文中でも書きましたが、いまIT業界は売り手市場です。僕は未経験からエンジニアになった立場ですが、僕のようにスキルや経験がない人でも転職できるくらい、今エンジニアの需要は大きいんですよね。

 

だからこそ、このタイミングであれば、いまより1ランクも2ランクも上の、条件が良い会社に転職することも実現できます。客先常駐の働き方を変えたいなら、それを変えるだけの選択肢が、いまならあります。

 

残酷な現実ですが、「現状が変わったらいいな」では、現状は一向に変わっていきません。いつだって、現状を変えるのは「自分の行動から」です。

 

3ヶ月。短期集中でOKです。未来の自分のために、いまは踏ん張る時ですよ。応援しています。

 

今回紹介した転職エージェント

レバテックキャリア【IT業界、Web業界への転職はこちら】

リクルートエージェント【異業界、異職種への転職はこちら】

 

▼人気記事

【IT転職】実際に使ってよかったIT転職サイト・転職エージェント【おすすめ4選】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です