圧倒的に成長できるプログラミングのブートキャンプ5選【現役エンジニア厳選】

圧倒的に成長できるプログラミングのブートキャンプ5選【現役エンジニア厳選】

どうも。フリーランスエンジニアのジョーです。

 

さて、最近は未経験からプログラミングを学ぶ人が増えていますね。今はエンジニアやプログラマーが業界全体で不足しており、技術者の待遇はうなぎのぼりです。

 

例えばRubyを学んで独立したWeb系のフリーランスエンジニアなんて、20代で年収1,000万円の人が割とゴロゴロいる世界です。月収60万円くらいは実務経験2年程度でも十分実現できることからも、多くの人がプログラミング を学び始めることは、ある意味当たり前の流れかなと個人的には思います。

 

そういう僕自身も、実は20代後半からプログラミングを学んでいまに至っています。現在はフリーランスエンジニアとして働いていますが、収入は会社員時代の3倍以上、一方、働く時間は減りました。

 

そんな僕がプログラミングを学ぶ際に使ったのは、「プログラミングのブートキャンプ」でした。そこで本記事では、僕自身が使って良かったブートキャンプを中心に、おすすめのキャンプを5つ紹介します。

 

ブートキャンプで、10社も20社も比較する必要はありません。本記事を読んで、もうブートキャンプ選びで迷うことは終わりにしましょう。

 

そもそもプログラミング のブートキャンプってどんなもの?

そもそもプログラミング のブートキャンプってどんなもの?

 

プログラミングで言うブートキャンプとは、「プログラミングスクール」のことです。

 

最近は未経験から気軽にチャレンジできるプログラミングスクールが多く出てきています。受講期間も1ヶ月や2ヶ月といった短期間で学べるスクールが多く、仕事をしながら受講する社会人や、子育ての合間に自宅から受講する主婦の方まで、本当に多くの人がブートキャンプでスキルを学んでいるんですよね。

 

ブートキャンプを使えば数ヶ月でもスキル習得ができる

  • 「数ヶ月受けただけじゃ、プログラミングスキルは身につかないんじゃないかな・・」
  • 「仕事をしながらだと続けられる自信がない」

 

僕がプログラミングを始めたのは、20代後半になってからだったんですが、上記のように、「自分にプログラミングなんてできないんじゃないか」という不安があったんですよね。

 

でも結論、その心配は杞憂でした。もちろん、数ヶ月で完璧になれるわけではありませんでしたが、働きながらでも勉強を続けることができましたし、就職・転職できるレベルには、1ヶ月でも十分到達できました。

 

僕が実体験を通じて確かに言えることは、プログラミング ブートキャンプを使えば、数ヶ月でも十分スキル習得は可能ということです。働きながらでも受講できるよう、プログラミングスクールは夜間の受講もできますし、何ならPC1台あればオンライン完結で受講できるスクールもあります。

 

ですので、「きっと自分には無理だろうな・・」という方ほど、ブートキャンプにトライしてみてほしいなと思います。今回紹介するスクールの中には、「ブートキャンプ無料体験」があるスクールもあるので、そういったところから始めるのが、金銭的なリスクもなくおすすめですね。

 

オススメのプログラミングブートキャンプ5選【社会人・学生問わずおすすめ】

オススメのプログラミングブートキャンプ5選

 

  1. TechAcademy
  2. TECH::EXPERT
  3. 侍エンジニア塾
  4. ポテパンキャンプ
  5. GEEK JOB

 

実際に使って良かったプログラミングブートキャンプ含むおすすめは上記の通りです。

 

それぞれ特徴とレビューを紹介していきますね!

 

1. TechAcademy

プログラミングスクール
言語Ruby、PHP、Javaなど。20種類以上のコースが存在
期間最短4週間。8週間、12週間、16週間もあり
価格4週間で129,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型
備考レッスン終了後、希望者は就職サポートに移行可能

 

TechAcademyはオンライン簡潔のプログラミングスクールです。最大手のスクールでして、個人的に一番おすすめです。僕自身、TechAcademyを受講してプログラミングを学びました。

 

TechAcademyの特筆点を一言でいえば、オンライン簡潔にも関わらず、爆速で実践スキルが身につくことですね。1ヶ月でもスキルが身につく内容です。

 

TechAcademyのカリキュラムは「実践型」です。実際にサービス開発をしながらスキルアップできるので、とにかく成長が早いんですよね。例えば僕が受講したWebアプリケーションコースは、Twitterのクローン版を実際にカリキュラムで作りました。サービス開発の工程を学べるので、書籍等ではできない学びがありました。

 

またTechAcademyはオンライン型なので、PC1台あれば、どこでも受講可能です。プログラミングスクールは多くが東京に集中していますから、地方在住の方にとっては嬉しいスクールですね。

 

僕が受講する際に唯一心配だったのは、「オンラインだと十分なサポートが受けられるのかな・・?」というものでしたが、全く心配はいりませんでした。

 

TechAcademyでは毎日使えるテキストチャットと、週2回のビデオチャットを通じて、学習でわからないことを解消していくことが可能です。テキストチャットは「Slack」というチャットツールを利用するのですが、この返信スピードの速さが驚愕でしたね。。質問したら30秒後に返信が来ることも多く、学習スピードを一切緩めることなく、ストレスなくプログラミングを学ぶことができました。

 

ということで、オンライン学習で爆速で実践スキルを身につけたいなら、TechAcademyがおすすめです。

 

なおTechAcademyは「1週間のブートキャンプ無料体験」をすることができます。オンラインでどこでもできるので、まずは試してみると、イメージが掴めると思いますよ。公式サイトには「無料説明会動画」もあるので、こちらも併せて観ることで、よりイメージが湧くかと思います。以下リンクより無料で7日間、お試し可能です。

⇨TechAcademy 1週間無料体験の詳細はこちら

 

▼公式サイトはこちら【1週間の無料体験あり】

 

▼詳細はこちら

 

2. TECH::EXPERT

オススメのプログラミングブートキャンプ4選
言語Rubyなど
期間最短10週間
価格498,000円(税抜き) *オンラインであれば398,000円(税抜き)
受講スタイルオンライン、通学両方あり
備考転職できなければ全額返金

 

TECH::EXPERTはオンライン・対面型の両方に対応しているプログラミングスクール です。

 

TECH::EXPERTの特筆点は、実践的なコンテンツと徹底した学習サポートです。そういう意味で、前述したTechAcademyと近しいです。

 

TECH::EXPERTならではの特徴としては、就職時に「高年収」で転職できた卒業生が多いことですね。

 

TECH::EXPERTでは「600時間」という学習時間を一つの目安としているのですが、300時間で転職した人の転職決定年収が「平均331万円」だったのに対し、TECH::EXPERTで600時間学んで転職した人の転職決定年収はなんと「平均426万円」です。日本人の平均年収が400万円を切る時代ですから、凄いですよね。。

 

とはいえ、未経験から就職し、その年収まで実現できるスクールはなかなかありません。ですので「就職・転職まで見据えていて、かつ高年収で就職したい」そんな人に、TECH::EXPERTはおすすめです。

 

TECH::EXPERTは無料カウンセリングがあるので、まずはここで、実際に目指せる就職先や年収の確認をすることが第一歩ですね。

 

▼公式サイトはこちら【無料カウンセリングあり】

 

▼詳細はこちら

 

3. 侍エンジニア塾

プログラミングスクール オンライン
言語Rubyなど。オーダーメイドのカリキュラム
期間最短4週間
価格4週間で168,000円(税抜)
受講スタイルオンライン、通学両方あり
備考

 

侍エンジニア塾はオンライン受講、通学受講の両方を選べるスクールです。

 

侍エンジニア塾の特徴は、カリキュラムがフルオーダーメイドの点です。例えば前述したTechAcademyは、受講するコースはあらかじめ決まっています。そのため、人によっては、「この分野とこの分野を学びたいんだけど、どちらも学ぶコースがない・・」なんて場合もあるかもしれません。その点侍エンジニア塾であれば、あなたが実現したい未来に併せて、必要なスキルを学ぶことができるんですよね。

 

また、侍エンジニア塾がすごいのは、スクール受講中に実際に仕事を受注し、稼ぐ経験を積んでいる人が存在することです。フルオーダーメイドなので、「早く稼ぐ経験を積みたい」という意向があれば、実際に仕事の案件を請けて、講師のサポートを受けながら案件をこなすことも、侍エンジニア塾ならできます。

 

実際の案件をこなせば、他のスクールより早く実務経験が積めるだけでなく、スクール費用も回収できてしまいますよね。僕が知っている限り、レッスン受講中に仕事を請けられるスクールは他にはありません。

 

就職サポートについては、前述したTechAcademyTECH::EXPERTには劣るデメリットはあります。ですが、「早く稼ぐ経験を積みたい」「フリーランスで稼ぐ力をつけたい」、そんな方には、侍エンジニア塾はベストなスクールです。

 

なお、侍エンジニア塾オンラインと対面両方で無料体験をやっています。無料体験では、フリーランスとしての仕事獲得ノウハウや、フリーランスのワークスタイルといったリアルな情報を聞くこともできます。無料体験を受けるだけでも価値が高いスクールです。以下リンクから無料体験の申込みが可能です。

無料体験レッスン

 

▼公式サイトはこちら【無料体験あり】

 

4. ポテパンキャンプ

就職・転職支援がついたプログラミングスクール5選を徹底比較
コースビギナーコースキャリアコース
言語RubyRuby
期間4ヶ月3ヶ月
価格162,000円(税込)*転職成功すれば54,000円108,000円(税込)*転職成功すれば無料
受講スタイル通学型(東京)通学型(東京)
備考未経験者向け。受講対象は30歳未満エンジニア経験者向け(キャリアチェンジ)経験者は30代も受講可能

 

ポテパンキャンプは、エンジニア・プログラマーへの就職・転職を検討していて、なおかつ自社開発の企業に就職したい人におすすめです。というのも、ポテパンキャンプの就職先は、全て「自社開発」の企業だからです。

 

自社開発とは就職先企業の中で働くワークスタイルです。対称のものは取引先オフィスに着任して働く「客先常駐」と呼ばれています。

 

この客先常駐は一般的にあまりイメージがよくなく(客先で働くので気を使ったりするので)、人によっては「自社開発」が良いという方も一定数存在します。そして、自社開発の就職先に絞って就職サポートをしているスクールは、僕が知っている限り他にはありません。

 

また、費用が安いことも、ポテパンキャンプならではですね。4ヶ月で約16万円という受講費用は、有料スクールの中では破格的に安いです。加えて、転職に成功すれば約10万円が返金されるので、実質5万円前後で受講できます。

 

費用は安いですが、ポテパンキャンプの講師はバリバリの実力派エンジニア揃いです。講義の質が高めなので、あまり自信がない人には少しデメリットかもしれません。ですが裏を返せば、短期間で圧倒的に成長が期待できるスクールです。

 

質の高いレッスンと、優良企業への就職を実現したいなら、ポテパンキャンプの受講を検討してみることがおすすめです。

 

▼公式サイトはこちら【無料カウンセリングあり】

 

5. GEEK JOB【無料】

プログラミングスクール おすすめ
言語Ruby、PHP、Java
期間最短4週間
価格完全無料
受講スタイル通学型(東京)
備考受講対象:30歳未満

 

GEEK JOBは、プログラミング学習と就職サポートがセットになったスクールです。

 

特筆点は、完全無料で受講できることですね。無料でプログラミングを学び、無料でIT企業への就職・転職をサポートしてくれます。

 

なんで無料かというと、GEEK JOBは企業側からお金をもらっているからです。あなたの就職が決まった時、採用企業から「紹介料」としてお金をもらうことで、GEEK JOBはスクールを運営しています。そのため、僕たち受講生がお金を払わずとも、スクールの運営は成り立つんですよね。ですので、無料だからといって質が低いということはないので安心してください。

 

もう一つ、GEEK JOBの特筆点は、「驚異の就職決定率」ですね。GEEK JOBの就職決定率はなんと95.1%。受講したほとんどの人が、実際に就職・転職まで実現しています。

 

なぜそれだけ転職に強いかというと、GEEK JOBの母体が「転職エージェント」だからです。もともと持っている企業とのコネクションがあるので、どんな方であっても、就職・転職まで実現しやすいんですよね。実際、第二新卒やフリーターといった、いわゆる経歴があまり高くない方の就職成功率も高いのはGEEK JOBならではです。

 

30歳以上や、地方在住の方は受けられないデメリットは存在します。ですが、関東在住の20代の方であれば、最適な選択肢の一つです。

 

GEEK JOBは、東京の九段下と四ツ谷の校舎で、「無料相談」「プログラミング無料体験」「無料説明会」を開催しています。どんなスキルが身につくか、どんな企業にどのくらいの待遇で入社できそうかといったことを教えてくれるので、気になるなら足を運んで見ましょう。公式サイトから30秒で予約可能です。

 

▼公式サイトはこちら【無料体験あり】

 

プログラミングのブートキャンプに関するよくある質問

プログラミングのブートキャンプに関するよくある質問

 

プログラミング ブートキャンプを受講する上で、僕自身が当初気になっていたことを含み、友人から相談を受けたことをまとめました。

 

ブートキャンプにトライする際の参考にしてみてください!

 

ブートキャンプを利用するメリット・デメリットは?

結論、メリットとデメリットを羅列すると以下の通りです。

 

プログラミングスクールのメリット

1. プログラミングを早く習得できる(最短1ヶ月可)

2. 挫折しにくい

3. 就職や転職がしやすくなる

4. ネットでは知り得ないような独立後の実態やノウハウが聞ける

 

プログラミングスクールのメリット

1. 独学より費用がかかる

2. 過度に期待しすぎてしまう

 

上記の理由の詳細を書くと長くなるので、詳しくは【受講してわかった】プログラミングスクールのメリット・デメリット6つの記事を参考にどうぞ。こちらで理由を書いています。

 

 

ブートキャンプ vs 独学はどっちがおすすめ?

結論、ブートキャンプの方がおすすめです。なぜなら、独学だと時間がかかる上に、挫折しやすいからです。

 

ざっくりですが、ブートキャンプと独学の場合、スキル習得までの時間は以下のように変わります。

 

  • ブートキャンプ:1〜2ヶ月
  • 独学:半年以上

 

このように、独学の方が、圧倒的に時間を要するんですよね。

 

加えて、独学でプログラミングを学んだ人の約90%は挫折していると言われています。10人に9人は、完走もできないんですよね。。厳しい世界です。

 

でもこれって、「プログラミングが難しい」というわけでは全然なく、単純に独学だと「わからないことを聞く相手がいないから」です。

 

プログラミング学習で一番大変なのは「学習初期段階」です。この時期に独りで勉強すると、わからないことばかりで、挫折することが極めて多いんですよね。

 

だからこそ、最初の1〜2ヶ月くらいは、今回紹介したようなブートキャンプを使い、まずはプログラミング に慣れることが大切です。慣れてしまいさえすれば、そこからは独学で勉強しても良いですし、僕もそうしました。

 

結論:プログラミングを学ぶならブートキャンプ一択

結論:プログラミングを学ぶならブートキャンプ一択

 

最後に、いまIT業界は圧倒的な売り手市場です。そのため、今なら今回紹介したようなブートキャンプを使えば、未経験でも短期間でスキルを身につけ、就職や転職することができるんですよね。

 

僕はフリーランスエンジニアとして働いていますが、最近のフリーランスは本当に稼げます。20代で年収1,000万円を稼ぐことも狙えますし、週3勤務で年収500万円、リモートワークで場所に縛られず自由に働くことも、プログラミングスキルを身につければ現実になります。

 

ということで、早くこちらの世界に来ましょう。控えめにいっても、プログラミングスキルを身につけると、人生変わりますよ。

 

今回はブートキャンプを5つ紹介しましたが、中でもTechAcademyはおすすめです。前述通り、1週間の無料体験はPCさえあればできるので、まずはトライしてみましょう。

⇨TechAcademy 1週間無料体験の詳細はこちら

 

▼詳細はこちら

 

▼僕が受講した「Webアプリケーションコース」の体験記はこちら

 

今回紹介したブートキャンプ一覧

1.TechAcademy【1週間の無料体験あり】

2.TECH::EXPERT【転職できなければ全額返金】

3.侍エンジニア塾【無料体験あり】

4.ポテパンキャンプ【格安で高い技術を学べる】

5.GEEK JOB【完全無料のスクール】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です