プログラミングで人生変わった僕が、プログラミングで人生を変えたい人に伝えたいこと

プログラミングで人生変わった僕が、プログラミングで人生を変えたい人に伝えたいこと
  • プログラミングで人生を変えたい。でも、プログラミングを学べば本当に人生は変わるんだろうか・・?

 

本記事では、上記のような疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、プログラミングを学ぶと人生変わります。ソースは僕自身です。

 

後述しますが、僕はもともとは新卒で営業として仕事をしており、20代後半になったタイミングで、プログラミングを学び始めたんですよね。現在はフリーランスエンジニアとして生きていますが、当時と比較すると、お金も時間も割と豊富に手に入れることができました。

 

そんな経験を積んでいるからこそ、プログラミングで人生を変えたいと思っているなら、ぜひトライしてみてほしいと思っています。

 

そこで本記事では、プログラミングを学んで人生が変わった僕が、プログラミングを学ぶとどう人生に影響があるか、実体験を通じてお話ししていきます。

 

プログラミングで人生を変えたいと思うなら、ぜひご一読ください。

 

プログラミングで人生が変わった僕の体験談

プログラミングで人生が変わった僕の体験談

 

まずは僕自身の人生経験を。僕の経歴を書くと、以下の通りです。

 

  • 新卒で営業として入社
  • →とにかく毎日ストレスフルな日々が続く。ノルマを追い、上司に詰められ、休みも少ない。精神的に消耗。
  • →自由に生きるエンジニアを見つけ、プログラミングに興味を持つ
  • →プログラミングスクールに通って勉強。20代後半でエンジニアへ転職
  • →エンジニアとしてキャリアを積む
  • →フリーランスエンジニアとして独立。今に至る。

 

こんな感じです。

 

辛かった営業時代

営業の時は、とにかく毎日ストレスフルな日々が続きました。ノルマを追い、上司に詰められ、休みも少なく、はっきり言って、精神的に消耗していました。

 

「この仕事、ずっと続けていく自信がないなぁ。。。」

 

そんなことを悩みながら、でも行動を起こせず、ただ時間だけが過ぎていたんですよね。

 

決意を固めてプログラミングを学習・転職

そんな状態で時間だけ過ぎていましたが、ある時、エンジニアとして自由に生きている人の存在を知ったんですよね。

 

当時の僕は、満員電車で毎日会社に通い、精神的に消耗しながら、少ない給料を得ていました。

 

一方エンジニアの方は、好きな場所で働き、精神的にゆとりを持ちながら、しかも経済的に、自分より全然恵まれていました。

 

それをみて、「このままじゃ本当にまずいな。。」と思い、プログラミングを学ぶことを決意したんですよね。

 

それからプログラミングスクールのTechAcademyを受講してプログラミングを勉強。無事、エンジニアへキャリアチェンジをすることができました。

 

エンジニアとして実務経験を積み、フリーランスエンジニアとして独立

その後は、IT企業でエンジニアとして実務経験を積んでいき、1年弱経った段階で独立をしました。僕は独立したのが早めだったと思いますが、この1年間は本当に頑張りました。

 

そのおかげもあって、現在は会社員の頃と比較して収入は3倍以上、一方、働く時間は減りました。サラリーマンの当時は本当に辛かったですが、行動して良かったと、いまは強く感じています。

 

だからこそ、当時の僕と同じように、いまの人生に不満があり、それを変えたいと願うなら、プログラミングを学ぶことで人生は変わると確信しています。

 

プログラミングができると実現できる未来やライフスタイル

プログラミングができると実現できる未来やライフスタイル

 

より具体的に、プログラミングを学ぶとどう人生が変わるのか、それをお話ししていきます。

 

プログラミングを学ぶメリットは以下の通りです。

 

収入が上がる

まずは、プログラミングを学ぶと収入が上がりやすいです。

 

IT業界は基本的に年収水準が高めです。そのため、会社員としても、サラリーマンの平均年収以上は稼げるんですよね。

 

ただ、エンジニアやプログラマーとして一番待遇面でメリットが出るのは、やはり「フリーランス」ですね。フリーランスエンジニアはかなり稼げます。

 

フリーランスエンジニアの月収データ

フリーランスエンジニア 単価

 

上記はIT転職や独立をサポートしているレバレジーズ株式会社が出している、「フリーランスエンジニアの案件単価」の調査です。

 

これを見ると、約70%以上のフリーランスエンジニアは「月収60万円以上」なんですよね。しかも、最近はさらに待遇が上がってきており、20代で年収1,000万円を稼ぐ人も割と周囲でゴロゴロ存在しています。

 

会社員として年収1,000万円を稼ごうとすれば、大手企業に入社し、10年20年の下積みを積み、ようやく一握りがなれるかどうかです。

 

一方エンジニアであれば、実務経験数年の20代でも、年収1,000万円を突破している人は割と存在するんですよね。

 

僕もそうでしたが、フリーランスエンジニアになれば、待遇はかなり良くなります。だからこそ、収入を増やして人生を変えたいなら、プログラミングはそれを叶える手段になります。

 

週3勤務などのワークスタイル

プログラミングを学ぶと、普通の会社員のように週5で勤務せずとも、週3日仕事を請けたりして、働く日数を減らすこともできます。

 

例えば僕自身、【最高】フリーランスエンジニアが週2、週3で働いてみたリアルな感想の記事の通り、週3勤務で働いたりしています。週3勤務だと、週の半分以上は休みです。控えめにいっても、ストレスはなくなりました。

 

 

エンジニアの場合、前述通り収入が良いので、週3働くだけでも、普通の生活はできてしまうんですよね。

 

なので、いまの仕事が休みが少なく、もっと自分の時間を持ちたいと思うなら、プログラミングスキルはおすすめですね。

 

在宅勤務(リモートワーク)

週3勤務だけでなく、在宅勤務(リモートワーク)ができることも、エンジニアやプログラマーの魅力ですね。

 

僕自身、リモートワーク中心で仕事をしていますが、朝満員電車に乗る必要がないことが嬉しいですね。僕の場合、自宅で仕事をしたり、近所にお気に入りのカフェがあるのでよくそこで仕事をしています。

 

僕がこれまで見てきた中だと、エンジニアやプログラマーを目指す人は、僕含め、大人数のオフィスが苦手な人も多いかと思います(偏見かもしれませんが) そんな人にとっては、1人で仕事ができる在宅勤務って、本当にストレスがないんですよね。

 

もちろん、電話なりチャットツールを使ってコミュニケーションを取る必要はあります。そのため、人間関係が一切なくなることはありません。

 

ですが、世の一般的な会社員より、圧倒的に人間関係の悩みはなくなることは事実です。

 

海外ノマド

最近は海外ノマドなんて働き方も増えていますね。

 

エンジニアやプログラマーの場合、海外の物価が安いところに住み、日本の仕事をリモートで請けることもできます。最近だと、タイあたりが人気でしょうか。

 

僕はまだ実践してないですが、いつか実践したいですね〜。ヨーロッパやアジアとかに住んでみたいです。

 

そういう選択ができることも、プログラミングを学んだ人の特権ですね。

 

プログラミングで人生を変えたいあなたがやるべきこと

プログラミングで人生を変えたいあなたがやるべきこと

 

  1. プログラミングを学ぶ目的を考える
  2. 実際にプログラミングを学ぶ

 

シンプルですが、これだけです。

 

1. プログラミングを学ぶ目的を考える

まずはプログラミングを学ぶ目的を考えることがスタートですね。言いかえれば、「プログラミングを学んだ後にどうなりたいか」を考えることです。

 

僕の例

例えば、僕の場合は以下のような感じでしたね。

 

  • 収入を上げて、家族と旅行にいったり美味しいものを食べたい
  • 働く時間を減らして、自分の好きなことをもっとやりたい
  • リモートワークをして、家族と過ごす時間を多く持ちたい

 

こんな感じでした。基本的にはお金にも時間にも不自由なく、好きなことを.好きなようにできる状態を作りたかったんですよね。

 

僕の場合、プログラミングを学んだことで、上記は全て実現しました。

 

僕自身、目的がなければ頑張れなかったと思います。目的がはっきりしているからこそ、プログラミングの言語選びも決まってきますから、まずは目的設定をすることが必要ですね。

 

2. 実際にプログラミングを学ぶ

目的が決まったら、実際にプログラミングを学びましょう。

 

プログラミング言語選びはどうすればいい?

言語選びは悩むかと思いますが、僕のように、リモートワークや週3勤務など自由に働きたい、かつ稼ぎたいと思うなら、「Ruby」がおすすめです。僕自身、最初に学んだ言語はRubyでしたが、選んで正解でした。

 

RubyはWeb系の言語でして、リモートワークや週3勤務などの求人が多めです。Webベンチャーやスタートアップで重宝されており、食べログなどはRubyでできています。

 

しかも、Rubyエンジニアは不足しており、フリーランスエンジニアになれば年収1,000万円も目指せます。バランスが優れている言語で、潰しも効きやすいので、迷ったらRubyを選ぶと良いですよ。

 

プログラミングを学ぶ方法

  • 1〜2週間: プログラミング学習サイト等で基礎をサクッと学ぶ
  • 1〜3ヶ月: プログラミングスクールで学習

 

上記の流れがおすすめです。

 

プログラミングの基本は、本当に使って良かったプログラミング学習(練習)サイト5つ【現役エンジニアが厳選比較】の記事で紹介しているような学習サイトを使ってみると良いですよ。無料で使えるところもあります。

 

基礎をサクッとやったら、そこからはプログラミングスクールを利用して短期集中で学ぶことが吉です。

 

独学だと半年以上はかかりますが、スクールを使えば1〜3ヶ月でも十分スキルは身につき、就職や転職もできるようになります。なので、主軸の勉強はスクールがオススメです。「独学 vs スクール」については、プログラミングスクールvs独学。両方やってみた結果【どっちがおすすめか結論】の記事でも書いているので参考にどうぞ。

 

僕が使ってよかったプログラミングスクール

ということで、プログラミングスクールがおすすめですが、スクールにも数が多く、中には質の低いスクールもあります。なので、本当に質が良いスクールを選ぶことが、まず大事なんですよね。

 

参考までに、僕自身が使ってよかったスクールは、エンジニアが本気で選んだ”おすすめのプログラミングスクール5社”【比較】でまとめています。10社も20社も比較する必要はありません。この5社から選べば間違い無いです。

 

 

まとめ:プログラミングで人生は変えられる

まとめ:プログラミングで人生は変えられる

 

この記事を読んでいるということは、何かしら人生に不満があるのかなと思います。僕も人生を変えたいともがいていた立場ですから、その気持ちはよくわかります。

 

ですが、結局人生なんて、行動しないと何も変わらないんですよね。僕はただ現状が良くならないかな〜とぼーっとしていたら、20代後半になっていました。いまは幸せになれたので良いですが、唯一後悔があるとすれば、もっと早く行動しなかったことです。

 

実際、あのとき行動してなければ、いまの人生はなかったと思うので、本当に行動が全てだと、自身の経験から痛感しています。

 

だからこそ、本気で人生を変えたいなら、まずは一歩でも行動を起こす必要があります。時間は無情です。待ってくれません。何れにしてもプログラミングの世界は年齢も若いので、早めの行動が吉ですね。

 

次の行動として、プログラミングスクールのリンクを貼っておきますね。まずはプログラミングスクールの無料体験なり、無料相談に参加してみることが、第一歩として必要なアクションですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です